ランキングから選ぶミネラルファンデーション|敏感肌に適した化粧品

利用後の浸透率

化粧品

効率的な浸透作用

肌への保湿に欠かせない化粧水ですが、その保湿力を更に高める成分としてビタミンc誘導体があります。ビタミンc誘導体が含まれた化粧水は浸透率が非常に高く、毛穴の奥まで成分を与えられるため美肌効果が期待出来ます。化粧水は洗顔の後に利用するのが一般的です。ビタミンc誘導体が配合された化粧水を利用すると、その後につける美容液や乳液といった成分の浸透も高めてくれます。化粧水の後には水分が蒸発しないように、美容液などで蓋をするのが一般的です。そのため、ビタミンc誘導体の浸透力は、効果的な美容成分を余す事なく、肌の奥へ染み込ませる事が出来ると言えます。与えられた栄養は肌を活発にさせ、ハリとツヤのある健康的な肌に改善する事が可能です。

肌に合わせた濃度

効果の高いビタミンc誘導体ですが、気をつける点は濃度と肌の影響です。浸透力の面では、濃度が高いものほど効果があり、浸透率が高いとされます。しかし高濃度のものは肌への負担が大きく、影響を及ぼす事が考えられます。目安として、乾燥肌の方は刺激が少ない低濃度のものを利用し、脂性肌の方は高濃度のものを利用するなど工夫をしましょう。勿論、脂性肌でも肌が弱い場合は、低刺激の化粧水を利用する事が必要です。肌質に合わせて濃度を調整する事で、トラブルを防ぐ事が出来ます。ビタミンc誘導体の浸透率は、利用した後にも効果があります。美容液やクリームなどの栄養を毛穴の奥まで与え、肌の内側からケアする事が可能です。美肌のためには成分や水分の浸透は大切なので、ビタミンc誘導体入りの化粧水でしっかりと奥まで保湿を行いましょう。