ランキングから選ぶミネラルファンデーション|敏感肌に適した化粧品

ニキビの治し方

微笑む女性

大人になってからのニキビは気になってしまい思わず潰してしまうこともあります。しかし、若い時とは違い回復力や自然治癒力が低下しているので、ニキビ跡として残ってしまう事もあります。ニキビ跡はいくつかのタイプに分けられます。赤く残るタイプ、茶色くシミのように残るタイプ、デコボコにクレーターになるタイプなどがあります。色素沈着してしまった場合は、肌の代謝を良くすることで改善させることが可能です。また、ニキビを潰してしまった時は細菌が入らないように絆創膏などをして保護しておきましょう。最近では傷跡に残らずに治すことができる絆創膏も販売されているので、ニキビ跡が残らないためにも工夫することが大切かもしれません。

ニキビ跡を消すためには肌の保湿を念入りにして、肌サイクルを整えることがポイントです。色素沈着してしまったとしても肌細胞が活性化して新しく皮膚が生まれ変われば色素沈着した部分は改善されます。若い時には転んで擦り傷が出来た経験をお持ちの方も少なくないはずです。しかし、若い時は傷になっても跡に残らずに治癒することが多いのですが、それは肌のターンオーバーが正常であることと、代謝が良い事が理由でもあります。歳を重ねると肌のターンオーバーが乱れてきて、自然治癒力も低下してきてしまいます。このターンオーバーをスムーズにするためにも、元々肌に存在しているコラーゲンやヒアルロン酸をたっぷりと補ってあげることが大事です。いまは様々な成分が複数配合されている化粧品もあるので、ニキビ跡が気になる人はしっかり使っていきましょう。他にも角質ケアにアプローチしてくれるような成分や、ビタミンC誘導体などの有効成分が配合されたものもあるので、成分を比較した上で購入するべきです。